2011年04月23日

RBRA幹事 荒谷卓の出演

■ 歴史上の大震災・大津波を日本人はいかに乗り越えてきたか〜天皇と国民の絆 − 荒谷卓氏に聞く

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜 HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
陸上自衛隊特殊作戦群初代群長でいらっしゃる荒谷卓氏をお迎えし、東日本大震災との類似性が指摘される貞観地震(869年)の際、清和天皇が詔の中で、天災をも自らの責任と認識なさったことなどに表れている「百姓(おおみたから)」との関係性について解き明かしていただくとともに、関東大震災に際しての詔で大正天皇が示された「非常事態宣言」との比較からも、現憲法の欠陥が明らかであり、自衛隊による災害派遣活動にも支障を来していることなどをご指摘いただきながら、今回の災害を通して発揮された日本人の国民性について今一度、日本人自身が考えることの大切さについて、お伺いします。
ぜひご覧ください!

葛城奈海
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by RBRA at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48328562

この記事へのトラックバック