2011年06月16日

幹事 荒谷卓の出演

■日本の伝統に基づいた復興を

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜 HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
陸上自衛隊特殊作戦群初代群長でいらっしゃる荒谷卓氏をお迎えし、東日本大震災からの復興の道筋について、国際政治アナリストの菅原出氏とともに大胆な提言をなさった『正-論』7月号の記事「被災地の声を反映する広域連合をつくれ」をご紹介いただきながら、天皇を中心に一人たりとも見捨てることなく被災民を助けてきた国であるにもかかわらず-、情報と意思を持った現地の意向を政府が汲み取れないまま、動きが停滞してしまっている現状を打破するための「非常の果断」について、お話を伺います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by RBRA at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
こんにちは。始めまして。
尊敬申し上げる荒谷さん、久々のご出演、大変嬉しく拝見させて頂きました。
最近は、Ch桜やその他媒体へのご出演、書籍等へのご投稿回数が少なくなったようで、ご意見拝聴賜る機会が少なく残念に思っておりました。
可能であれば、より多くのご出演を期待しております。

小生も微力ながら一日本国民として、皆様と心を同じくし、祖国を愛し、憂い、時には共に戦う同胞でありたいと強く思います。
これからも宜しくお願い致します。
Posted by 佐伯 正彰 at 2011年06月16日 13:03
ご連絡ありがとうございます。
現在、番組(正論)で話したことを実現するため活動してます。

拉致問題も、今回の震災原発問題も、要するに政治と中央行政は国民を守ることを重要視していないということ。さらに、尖閣などの領土問題からわかるのは、国家を守ることすら自分たちの使命だとは考えていないということでしょう。
問題の根っこは一緒です。政治家以上に中央官庁が問題です。

荒谷
Posted by 荒谷卓 at 2011年06月17日 09:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48328571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック