2011年07月29日

副代表 伊東寛「防人の道」出演のお知らせ

昨日7月26日号の『防人の道』にこの度RBRA副代表に就任された伊東寛さん(システム防護隊初代隊長)にご出演いただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜 HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■ サイバー戦に関わる最近の動向と 今、国がなすべきこと − 伊東寛氏に聞く
陸上自衛隊システム防護隊の初代隊長をつとめられた伊東寛氏をお迎えし、国境を問わず、あらゆる企業・団体や政府機関が標的となり得るサイバー攻撃の脅威をどのように認識すべきなのか、米国がサイバー攻撃を「戦争行為」と見なし、武力報復も示唆した根底にある「戦争」の定義や、時代の変遷を経て「個」のレベルの参戦が見られる一方で、それらに対処し得る態勢とは程遠い日本の現状や、法律の不備のために、自衛隊が日本のサイバーインフラを守る役割を担えずにいる実状などを解き明かしながら、お話しいただきます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

個人が自分の意思で仕掛けることができるサイバー攻撃によって、世界的にはすでに戦争の概念が変わりつつあること、一方、それに対する我が国がいかに無防備であるかをわかりやすく語っていただきました。
ぜひご覧ください。

葛城奈海
posted by RBRA at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48328579
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック