2011年12月01日

幹事 荒谷卓の出演

みなさま

なんだか急に寒くなりましたね。
……と思ったら、今日から師走!
慌ただしい日々を過ごされる方が増えると思いますが、みなさまお体にはお気を付けて。

さて、昨日号の『防人の道』に荒谷幹事にご出演頂きました。
冒頭で先般ご案内した「三島由紀夫・森田必勝両烈士41周年」での講演の様子も映像でご紹介しています。
我々の文化・国柄を破壊しようとしているものの正体とは……!?
目の前の事象にとらわれて本質的な敵を見誤らないためにも、ぜひご覧ください!
↓↓↓


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜 HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

陸上自衛隊特殊作戦群初代群長でいらっしゃる荒谷卓氏をお迎えし、市ヶ谷での自決からちょうど41年を迎えた今、三島由紀夫が『文化防衛論』でも説いていた「守るべきもの-」と、それを破壊しようとする主体とは何なのかを改めて振り返っていただくとともに、東日本大震災に見舞われた極限状態でも発露された日本人の「公徳心」とはどのようなも-のなのか、そして、その文化の中心たる天皇の存在と対極にある「市場原理」を阻止することが、何故、世界の危機をも救うこととなるのか、じっくりとお話を伺います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

葛城奈海

posted by RBRA at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51233911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック