2011年12月19日

金正日死亡

【調査会NEWS1106】(23.12.19)

■金正日死亡
                            荒木和博

 すでに報道されている通り正午に朝鮮中央放送は重大放送として金正日死亡を伝えました。

 現地指導の途中列車で急死ということは、それが事実だったとしても本人の健康が維持されていたという前提での日程ですから、かなり急なものであったと思います。金正恩への後継は不確定であり、金正日の後継者確定から金日成死亡まで約20年、金日成死亡から総書記就任まで3年かかっていることを考えると、少なくとも金正恩本人の実力では不可能です。

 また、北朝鮮の報道は当然死因を偽っていることも考えられ、金正日に対するテロの可能性も考えられます。いずれにしても金正日死亡によって北朝鮮に大きな変化が起こることは確実です。拉致被害者救出の可能性が一気に高まるとともに、救出するという覚悟が欠かせません。大きな変化を私たちの側に引き寄せられるか、いよいよ正念場となりました。

 今後新たな情報等入れば逐次お知らせします。
posted by RBRA at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 荒木和博
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52162065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック