2012年01月12日

代表 荒木和博の出演!

みなさま

年が改まったと思ったら、今日は鏡開き。
早いものです。

昨日号の『防人の道』には、荒木代表にご出演頂き、本声明文を発表し、またこうした指針に基づくRBRAの新しい活動のひとつでもある短波放送しおかぜでのRBRA関係者から呼びかけなどについてお話し頂きました。
しおかぜでのメッセージのトップバッターとして田母神顧問からあちらの軍関係者への呼びかけも収録しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜 HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■ 金正日死亡〜今こそ拉致被害者を救出せよ − 荒木和博氏に聞く
金正日の死を迎えるにはまだ準備不足だった感は否めないながらも、後継者・金正恩への世襲が固められつつある中、それに伴う北朝鮮情勢の変化を好機と捉え、拉致被害者救出に結び付けるために、「軍」に関わる者達が出来ることとは何なのか? 特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏をお迎えし、運営なさっている北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」にて放送予定の、元航空幕僚長・田母神俊雄氏から北朝鮮の元空軍大将への呼び掛けを、実際の音声にて御紹介いただくほか、同じく代表をつとめておられる予備役ブルーリボンの会(RBRA)の活動方針について、その声明文も併せ、お話しいただきます。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぜひご覧頂き、拉致被害者救出に向けて、それぞれができることについて具体的に考えて頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

葛城奈海
posted by RBRA at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53059670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック