2012年04月22日

幹事長 伊藤祐靖の出演!

幹事長 伊藤が現在月刊『正論』にて連載中の「緊迫怒涛のイージス艦出撃」はお読み頂いていますでしょうか?
もともとRBRAのホームページでの連載からスピンアウトしたものですが、ミサイル発射騒動に伴うイージス艦の展開とも重なり、タイムリーな掲載になったようです。

今回のご出演では、以下のような内容でお話を聞きました。

〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

航海長として乗艦なさっていたイージス艦「みょうこう」で、平成10年8月のテポドン発射をレーダー上で見届けられ、そして半年後の平成11年3月には能登沖で北朝鮮工作-母船を追跡、海上自衛隊初の実戦に臨まれた伊藤祐靖氏をお迎えし、この度の弾道ミサイル発射への対処において政府が批判を浴びている「ダブルチェック」をめぐり、そもそも-の認識や判断の鉄則が通じていない現状について御指摘いただきます。 また、能登沖不審船事案についての手記(『正論』4月号・5月号掲載)より、工作母船乗員に対してはからずも覚えてしまった「怒り」とは別の感慨や、海上警備行動発令によ-る警告射撃に臨む艦橋で実感され、その後、創設に携わられた特別警備隊においても必須
且つ当然であった相互理解の前提となるものについても、お話を伺います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぜひご覧ください!

posted by RBRA at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55429000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック