2012年05月25日

代表荒木和博 幹事長伊藤祐靖の出演

『防人の道』5月15日号に幹事長 伊藤祐靖、22日号に代表 荒木和博が、それぞれ出演。
内容は、以下の通り。

ぜひ、ご覧ください!

〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜HPより 〜〜〜〜〜〜〜

■ 「海自初の実戦」に見える戦闘の本質・2 − 伊藤祐靖氏に聞く
前回(平成24年4月17日号)に引き続き、平成11年3月の能登沖不審船事件にイージズ艦「みょうこう」航海長として臨まれた伊藤祐靖氏をお迎えし、『正論』6月号に寄せられた手記を元に、残り30分の余命と向き合った立入検査隊員達の表情に見られた「無私無欲」の境地や、その一方で強烈に感じられたという違和感について、お話を伺います。そして、その違和感を克服すべく創隊に至った海上自衛隊特別警備隊の主任務である「人質奪還」とはどのようなものなのか、図で御説明いただきながら、その戦いにおいても要となる日本人の美学についても お伺いします。



■ 北朝鮮は怖くない − 荒木和博氏に聞く
特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏をお迎えし、長年に亘り研究対象としても注視してこられた朝鮮に対する視点が、ある出来事をきっかけに転換させられたという御経験を元に、我々日本人が独裁国家・北朝鮮と対峙し、拉致被害者救出のために何が出来るかを本気で考え、実行するために、過剰な自信喪失と自らに対する過小評価を見直すことの意味について、お話を伺います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

来週は、伊東副代表にご出演頂き、当MLでも話題になっていた北のGPS妨害についてお話し頂きます。
どうぞお楽しみに!

葛城奈海
posted by RBRA at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56063022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック