2012年09月14日

代表 荒木和博の出演

9月11日号の『防人の道』に代表 荒木和博が出演。
内容は、以下の通りです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【荒木和博】韓国の反日にどう向き合うか〜日本の鏡として[桜H24/9/11]
特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏をお迎えし、「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」(平成24年9月2日)にて特定失踪者ご家族らとともに登壇なさったと-きの模様をお送りするとともに、竹島をめぐる問題などで日韓関係が緊張を極めていた8月末に訪韓なさった際の現地での実際の雰囲気や、日本とは異なる経緯をたどった韓国保-守派の対米観、「民族派」が左翼の看板となってしまったいきさつなどに触れていただきながら、そもそも気質や思考が異なる韓国人とどのように付き合い、「反日」と向き合う-べきなのか、お話を伺います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

9月2日の国民大集会での代表 荒木の演説、特に警察幹部に向けられた部分が鮮烈でした。
また、その後のお話から、韓国の「保守」「左翼」の概念が日本のそれとはかなり違うことも目から鱗でした。
ぜひ、ご覧ください!


葛城奈海


追伸:現在発売中の文藝春秋10月号に幹事長 伊藤祐靖の手記
「元自衛官独占手記 尖閣に日の丸を掲げるの記」
が掲載されています。
こちらもぜひご注目を!
posted by RBRA at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58238127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック