2012年12月14日

代表 荒木和博の出演

12月11日号の「防人の道」に代表荒木が出演しました。

〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【荒木和博】拉致問題解決を阻む構造 [桜H24/12/11]
特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏をお迎えし、11月上旬にスイスのジュネーブで開催された拉致問題対策本部主催の国際啓発行事に参加なさった際の様子と、同国ツェル-マットで平成12年に消息を絶った佐藤順子さんの失踪状況調査をめぐる出来事などについてお話を伺うとともに、「拉致認定」の高過ぎる壁をはじめ、根本的に見直すべき「構-造」の問題や、被害者救出のためのあらゆる手段を行使し得る前提となる「意思」について、お話しいただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「拉致被害者救出が実現しないのには、警察の捜査→政府認定→外交交渉という現在の流れに問題がある。この構造が変わらない限り、いくら政府が変わっても、本質的な進展はない」
まさに核心をついた指摘だったように思います。

ぜひご覧ください!


葛城奈海
posted by RBRA at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60751789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック