2013年03月08日

木本幹事「防人の道」出演

本日は、幹事木本あきら「防人の道」出演のお知らせです。

中東で20年近くプラント建設に携わり、予備自訓練にも中東から出頭、最後の任地はアルジェリアだったという木本が、今回の人質事件について語る。
事件を機に取り沙汰されている、防衛駐在官の派遣は、本当に意味があるのか……!?

〜〜〜〜〜〜〜〜 チャンネル桜 HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【木本あきら】元企業戦士が語るアルジェリア人質事件[桜H25/3/5]

世界各国で技術者としてプラント建設などに携わられる中、約20年間を中東で過ごされ-、3年前の最後の赴任先がアルジェリアであったという木本あきら氏をお迎えし、軍に守-られながらの自由のない生活の様子や、プロジェクトを通して赴任国に貢献する喜びなど-についてお聞きします。 また、武装勢力の危険性を肌身に感じることも少なくなかった御経験も踏まえながら、先-般の人質事件におけるアルジェリア軍の対処や、日本及び各国の反応についての御見解、-そして、防衛駐在官を増やす以前に根本から見直すべき外交と情報収集における問題点な-どについても、お話を伺います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぜひ、ご覧ください!



葛城奈海
posted by RBRA at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63465435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック