2013年03月22日

幹事長 伊藤「防人の道」ご出演のお知らせ+α

幹事長 伊藤「防人の道」出演のお知らせです。

〜〜〜〜〜 チャンネル桜HPより 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

感性と理論〜真に役立つ訓練とは[桜H25/3/19]

実戦をほとんど経験することなく、それでもいざという時に備えて日々の鍛練をたゆまず-積み重ねている自衛隊だが、果たしてそれは真に必要で正しい準備と言えるのか? 海上自衛隊特別警備隊の元先任小隊長でいらっしゃる伊藤祐靖氏をお迎えし、技術習得へ-の意欲が高い一般人を相手に海や山岳でのサバイバル訓練を行っておられる中で、生命の-危険を感じて初めて彼らが見せた変化などに触れていただきながら、特に平時の軍隊が、-技術や方法と併せて決して忘れてはならない、理論と向き合い続ける姿勢について、お話-を伺います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




また、このたび、ニコニコ動画でのみ配信する有料(月500円)の「国防・防人チャンネル」がスタートしました。
http://ch.nicovideo.jp/kokubo-sakimori

開局特番では、以前RBRAのシンポジウムにもご出演いただいた一色正春さんに、@九州南西沖不審船事件 A中国漁船衝突事件 について、海保の映像を解説していただきながら、お話を伺っています。

また、来週から、不肖私のコーナー「葛城奈海の『戦闘者の本音』」もスタートします。
これまでの「防人の道」が寸止めトークだったとしたら、こちらは「寸止めなし」ということで、「防人」よりも砕けたスタイルでの本音トーク。
初回から当分の間は、伊藤幹事長による「能登沖不審船事件」シリーズです。
先日の収録では、スタッフも早く先を知りたいと次の収録が待ちきれない様子でした。


それから、もうひとつ。
今回の尖閣行きでは、海保の規制が2ヶ月前より格段に厳しくなっており、はるばる170kmを行っても1匹の魚も釣れませんでした。
島に近づけぬべきは中国船だと思うのですが…。
拉致とは直接関係なくて恐縮ですが、みなさんにも、こちらの映像をぜひ見ていただければと思い、ついでに宣伝させて頂きます。




葛城奈海




posted by RBRA at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63961669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック