2013年07月07日

第15回尖閣諸島集団漁業活動

6月30日から7月1日かけて、また尖閣に行ってきました。

海保が我々漁船に向かって「1海里以内に接近しないでください」と連呼している背後で、中国公船が悠然と魚釣島を舐めるようにして通過。
そんな目を疑う光景が、我々の眼前で何度も繰り返されました。

一体日本の官憲はどっちを向いているのだと言いたくなりますが、こうしたことは拉致問題においても警察との間でなんども繰り返されてきていることなのでしょう。

しかし、これほど生々しくその実態を目撃できる映像も少ないと思います。
そういう意味でも、ぜひご覧ください。

【守るぞ尖閣】伊藤祐靖が見た尖閣の海 Part5〜敵味方識別に必要なこと


【守るぞ尖閣】悠然たる中国公船、海保の敵は誰なのか?−魚釣島編


【守るぞ尖閣】悠然たる中国公船、海保の敵は誰なのか?−南北小島


葛城奈海
posted by RBRA at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化チャンネル桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70603554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック